レーザー脱毛

女性にとって、ムダ毛のないツルツルの肌は、身だしなみと言っても過言ではないですよね。

しかし、二の腕のブツブツに悩んでいる方が、ムダ毛処理の方法を間違えると、さらに症状を悪化させてしまう恐れも!

ここでは、間違ったムダ毛の自己処理による肌へのダメージと、二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)に悩んでいる方にオススメのムダ毛処理方法をご紹介します。

 

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理による肌ダメージとは?

カミソリ

自分で手軽に行えるムダ毛処理といえば、カミソリや毛抜きを使った方法ですよね。

しかし、カミソリや毛抜きが肌に与えるダメージは想像以上に大きいんです。

 

カミソリが肌に与えるダメージ

カミソリの魅力は、何と言っても手軽で安いということ。

しかし、カミソリは刃を直接肌にあてるため、ダメージもそのぶん大きくなります。

カミソリは、ムダ毛だけでなく、肌の角質も削ってしまいます。

角質は、肌の水分を逃さないようにするだけでなく、肌を外部刺激から守る役割も持っているので、カミソリで必要以上に角質を削ってしまうと、肌の乾燥や炎症を引き起こす原因にも。

 

毛抜きが肌に与えるダメージ

カミソリよりも、肌にダメージを与えるのが毛抜きによるムダ毛処理です。

毛抜きは、生えている毛を無理やり抜くという方法のため、毛穴や皮膚は大きなダメージを受けています。

そのダメージをケアするために、皮膚は薄い膜をはるのですが、毛穴に膜がはってしまうと、毛穴がふさがってしまい、毛が表に出てこれなくなってしまいます。

埋没毛と言われる現象です。

毛抜きで処理し続けた肌は、毛穴の下に毛が埋まっているので、黒いブツブツが目立つことに。こうなると処理したくてもできません

埋没毛は最悪の場合、毛穴が細菌感染を起こす「毛のう炎」を引き起こす可能性も。

 

間違ったムダ毛処理が二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)をさらに悪化させる恐れも

このようにカミソリや毛抜きによるムダ毛処理は、手軽なぶんデメリットも多く、肌に与えるダメージは計り知れません。

毛孔性苔癬の方は、ただでさえ肌が凸凹とした状態になっているので、カミソリや毛抜きを使うと、カミソリの刃や毛抜きの刺激で肌が傷ついてしまいます。

 

毛孔性苔癬の方におすすめなのは、医療用レーザー脱毛!

医療用レーザー脱毛

カミソリや毛抜きによる肌ダメージを考えると、避けたいムダ毛の自己処理。

では、 毛孔性苔癬の方はどのようにムダ毛処理を行えばいいのでしょうか?

毛孔性苔癬の方におすすめしたいのが、美容クリニックなどで行われている医療用レーザー脱毛です。

医療用レーザー脱毛は、黒い色をした毛根のメラニン色素に反応するレーザーを照射する方法で行われます。

熱の力で毛や毛を育てる毛母細胞を破壊するのですが、レーザーにより、古い角質や汚れも取り除かれるため、毛孔性苔癬が改善する可能性もあるのです。

 

エステサロンの脱毛は断られる可能性も!

医療用レーザー脱毛だけでなく、エステサロンの光脱毛という方法も。

しかし、エステサロンでは、肌に何かトラブルがあった場合に対処することができません。

そのため毛孔性苔癬の症状によっては、脱毛を断られることがあるそうです。

しかし、費用面を考えるとなかなか医療用レーザー脱毛には踏み切れないですよね。

そんな方は、二の腕専用のクリームなどで、毛孔性苔癬をしっかりとケアをして、ブツブツが軽くなった状態でエステサロンに行ってみることをおすすめします。

毛孔性苔癬の症状が軽い場合は、エステサロンによっては脱毛を行なってくれることもあるようですよ。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。