二の腕のブツブツは遺伝

若い女性でも多くの方が悩んでいる二の腕のブツブツ。

ブツブツが気になってタンクトップや水着が思いきり着れないなんて方も多いのでは?

いつのまにかできる二の腕のブツブツですが、ブツブツができてしまう原因って一体何なのでしょうか?

ここでは、謎の多い二の腕のブツブツの原因について調査しました!

 

二の腕のブツブツの正体「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」ってなに?

医師説明

二の腕のブツブツは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患で、3.5人に1人の方が悩んでいると言われているほど、一般的なもの。

毛孔性苔癬は、若い時に発症することが多く、年齢を重ねるにつれて自然と完治することが多いようです。

しかし、中にはいつまでたっても、ブツブツが消えずに悩んでいるという方も。

毛孔性苔癬は、何らかの原因によって二の腕の毛穴に古い角質が溜まってしまうというもの。

古い角質がたまった毛穴の上に皮膚が覆いかぶさってしまうので、ザラザラ・ブツブツとした手触りになってしまうのです。

多くの方が悩んでいる毛孔性苔癬ですが、実はいまだにはっきりとしたメカニズムは解明されていません。

そのため、皮膚科に行っても塗り薬などが処方されるだけです。

しかし、かゆみや腫れを伴わないことが多く、感染性もないため、ほおっておいても害があるというものではありません。

 

毛孔性苔癬の原因は遺伝によるものが大きい?!

毛孔性苔癬の原因は遺伝

はっきりとしたメカニズムがわかっていない毛孔性苔癬ですが、毛孔性苔癬が起こる原因の1つとして考えられているのが、「遺伝」です。

両親のどちらかが、毛孔性苔癬があるとその子どもにも毛孔性苔癬が遺伝する確率がとても高くなると言われているのです。

もし、あなたが毛孔性苔癬で悩んでいるとしたら、あなたの両親のどちらかにも毛孔性苔癬があったのかもしれません。

しかし、毛孔性苔癬の遺伝説はあくまでも傾向があるということであって、絶対というわけではないということをご理解ください。

 

自然に完治するのが待てない方は、二の腕専用クリームなどを使ってケアをするのがおすすめ!

二の腕専用クリーム

毛孔性苔癬は、10代〜20代の若い方に発症することが多いのですが、年齢を重ねるうちに自然に完治をするとも言われています。

しかし、10代〜20代の女性にとっては、一番肌見せをしたい時期でもありますし、女性は出産などの関係でホルモンバランスも乱れやすく、年齢を重ねても毛孔性苔癬がなかなか完治しないという方も多いと言われています。

「毛孔性苔癬が自然に治るのを待てない!」という方は、二の腕専用のクリームなどを使ってケアをしてみてはいかがでしょうか?

保湿やエイジングケアに特化したクリームで毎日ケアを続ける事もおすすめです。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。