皮膚科ではどのような治療

多くの方が悩んでいる二の腕のブツブツ。

このブツブツの正体は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる、皮膚疾患です。

毛孔性苔癬では、何らかの原因で古い角質が毛穴に詰まってしまい、ザラザラ、ブツブツとした湿疹のようなものが二の腕にできてしまいます。

若い女性に多いと言われている毛孔性苔癬ですが、年齢と共に自然と治っていくことが多いようです。

しかし、そうはいっても、1日でも早く治したい!と皮膚科や美容クリニックを受診しようと考えている方も多いのでは?

ここでは、皮膚科で行われる毛孔性苔癬の治療法をご紹介。皮膚科で毛孔性苔癬を治すことはできるのでしょうか?

 

皮膚科で行う毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療法

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療として、皮膚科で健康保険が適用されるものをご紹介します。

 

治療法①「塗り薬」

塗り薬

毛孔性苔癬の一般的な治療法として、多くの方が処方されるのが、尿素・サリチル酸などが配合された塗り薬です。

尿素・サリチル酸には角質を溶かす作用があり、毛穴に詰まってしまった古い角質を取り除く効果が期待できます。

また、肌の乾燥を防ぐための保湿剤を処方されることも多いようです。

皮膚科で処方される塗り薬として、一般的なのはニキビなどの治療に使われる抗生薬ですが、毛孔性苔癬の場合、毛穴にアクネ菌などが存在しているわけではないので、効果は期待できません。

 

治療法②「飲み薬」

飲み薬

外用薬・保湿剤と一緒に、肌のターンオーバーを促進させるために有効な漢方薬やビタミンCなどの飲み薬を処方される場合もあるようです。

 

毛孔性苔癬の治療は皮膚科では難しい?!

皮膚科では難しい

毛孔性苔癬は3.5人に1人が悩まされている皮膚疾患と言われており、決して特別な皮膚の疾患ではありません。

しかし、毛孔性苔癬が起こるメカニズムなどは未だにはっきりと解明されていません。

皮膚科では毛孔性苔癬の治療のために、上記で紹介した塗り薬や飲み薬などが処方されますが、有効なものとは言い難いのが現状のようです。

しかし、皮膚科では、医師によるアドバイスを受けることができますし、何かトラブルが起きた場合もすぐに対応してくれるので、安心感はあるのではないでしょうか。

保険適用の治療は、費用の面でも大きな負担はないので、相談に行くという気軽な気持ちで一度皮膚科を受診してみるのもいいかもしれません。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。