美容クリニックで二の腕のブツブツを治療

嫌な二の腕のブツブツは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患がほとんどです。

毛孔性苔癬は起こるメカニズムや治療法が解明されておらず、皮膚科での治療もあまり効果が期待できません。

年齢と共に自然に完治すると言われているのですが、女性はホルモンバランスも乱れやすく、30代・40代になっても毛孔性苔癬が治らないなんて方も多いのが現状のようです。

厄介な毛孔性苔癬にレーザー治療が効くと言われているのですが、一体レーザー治療とはどのような方法なのでしょうか?

また、気になる費用なども調べてみました!

 

美容クリニックで行われる 毛孔性苔癬の治療法とは?

レーザー脱毛

美容クリニックで行われる毛孔性苔癬の治療法は、「レーザー治療」です。

レーザーは、皮膚科で処方される塗り薬などとは違い、皮膚の奥、深部に直接働きかけます。

レーザーによって、古い肌を新しい肌へと生まれ変わらせることで、 毛孔性苔癬のブツブツの改善が期待できるのです。

 

レーザー治療における注意点

レーザー治療における注意点

毛孔性苔癬の改善に有効と言われている、レーザー治療にはいくつか注意点があります。

 

健康保険の適用はない

美容目的で行われるレーザー治療は、健康保険が適用されません。

そのため、治療にかかった費用は全て自費で支払わらなければなりません。

クリニックによって、レーザー治療にかかる費用も違ってくるので、事前にどのくらいの費用がかかるのかをリサーチする必要があります。

 

肌荒れを起こす場合がある

レーザー治療を行なった後に、10日間ほどのダウンタイムと呼ばれる期間があります。

ダウンタイム中に、レーザー治療を行なった場所の皮膚に、かさぶたや赤みが出ます。

かさぶたや赤みは数ヶ月後には、きれいな肌色に戻るのですが、肌が弱い・敏感な方は、このダウンタイム中に、腫れなどの症状がでる可能性があります。

しっかりとしたカウンセリング・アフターケアを行なってくれるクリニックを選ぶなどの注意が必要です。

 

レーザー治療は毛孔性苔癬に有効な治療法!

有効な治療法

皮膚科での治療でも、なかなか難しいと言われている毛孔性苔癬の治療ですが、美容クリニックのレーザー治療は、有効なようです。

保険の適用外・肌荒れを起こす可能性があるなど注意点はありますが、多くのクリニックは事前に料金の説明・カウンセリング、アフターケアを行なっているので、そこまで心配する必要はありません。

しかし、そうはいってもレーザー治療は保険適用外のため、それなりの費用がかかってしまいます。

治療を受けたいと思った場合は、複数の美容クリニックのレーザー治療の相場などを調べておくと安心ではないでしょうか。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。