オロナイン軟膏が効く

おばあちゃんの時代からある塗り薬「オロナイン軟膏」。

小さい頃に一度は塗ってもらったことがある!なんて方も多いのでは?

実はこのオロナイン軟膏が、二の腕のブツブツに効くという噂が最近ネット上で話題になっています。

ここでは、オロナイン軟膏が本当に二の腕のブツブツに効果があるのか?噂の真相を調べてみました!

 

オロナイン軟膏とは?

オロナイン軟膏とは?

オロナイン軟膏とは、ドラッグストアでも気軽に購入ができる軟膏クリームです。

  • にきび
  • 吹出物
  • はたけ
  • やけど(かるいもの)
  • ひび
  • しもやけ
  • あかぎれ
  • きず
  • 水虫(じゅくじゅくしていないもの)

オロナイン軟膏は、上記のような肌トラブルに効果を発揮します。

にきびから水虫まで様々な用途に使えるので、一家に1つは常備しておきたい軟膏ですね。

 

オロナイン軟膏の主成分である「クロルヘキシジングルコ酸」とは?

様々な用途に使えるオロナイン軟膏ですが、オロナイン軟膏の主成分はどのような成分なのでしょうか?

オロナイン軟膏の主成分は、「クロルヘキシジングルコ酸」と呼ばれる成分です。

クロルヘキシジングルコ酸は、肌の消毒を行い炎症を抑えることに有効に働きかける成分です。

軟膏で、こってりとしたテクスチャーなので、保湿もできそう!と思ってしまいますが、あくまでもオロナイン軟膏は肌の消毒殺菌を行うための軟膏です。

 

二の腕のブツブツのケアに殺菌消毒は意味がない!?

殺菌消毒は意味がない

にきびから水虫まで、様々な肌トラブルに使えるオロナインですが、二の腕のブツブツには、あまり効果があるとは言えません。

なぜなら、二の腕のブツブツはにきびのようにアクネ菌などが炎症を起こしているわけではないからです。

二の腕のブツブツは、毛穴に古い角質が詰まってしまうことで起こっています。

これは肌のターンオーバーの乱れが原因と言われており、ケアには肌のターンオーバーを促進する・角質を柔らかくするなどの効果が期待できる成分が入っているクリームでなければ意味がありません。

オロナイン軟膏は、消毒殺菌を行うための軟膏ですので、二の腕のブツブツのケアに使っても角質が柔らかくなるわけではなく、効果は期待できないでしょう。

 

二の腕のブツブツのケアには専用のクリームを使おう!

二の腕専用クリーム

ネットでは、「オロナインを塗ったら、腕のブツブツが消えた!」などの口コミが投稿されていますが、それはもしかすると、にきびだったのかもしれません。

二の腕のブツブツが炎症を起こしている場合などは、オロナイン軟膏を塗ってケアをするといいかもしれませんが、毎日行うケアに使うには不向きでしょう。

二の腕のブツブツケアには、二の腕専用のクリームを使うのが一番安心です。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。