重曹ピーリングパック

二の腕のブツブツに悩んでいる方の間で、最近ピーリング代わりに重曹を使うというケアの方法が流行っているようです。

重曹といえば、掃除で使うイメージなので、ビックリされた方もいるかもしれません。ここでは、噂の重曹ピーリングパックの真相に迫っていきます。

 

二の腕のブツブツ「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは?

二の腕のブツブツの症状

化粧水やクリームを塗って、ケアをしていてもなかなか治らない二の腕のブツブツ。

もしかすると、そのブツブツは「 毛孔性苔癬」という皮膚の疾患かもしれません。

毛孔性苔癬は、世界人口の約80%もの人が発症すると言われている、ポピュラーな皮膚疾患です。

毛孔性苔癬のブツブツの正体は、毛穴の中に溜まってしまった古い角質。

その角質が、丘疹となって二の腕にブツブツとした湿疹のようなものとして現れます。

毛孔性苔癬は、肌のターンオーバーが何らかの異常を起こし乱れることが原因と言われていますが、はっきりとしたメカニズムがわかっていないのが、現状です。

ただし、健康に害を及ぼすものではありませんし、年齢を重ねるにつれて、自然に治っていく人も多いと言われています。

皮膚疾患だからと言って過剰な心配をする必要はありません。

 

毛孔性苔癬のケアは保湿だけでは不十分

心配をする必要はないと言っても、若い女性にとっては二の腕のブツブツはとても嫌なものです。

ケアを行っているという方も多いと思うのですが、毛孔性苔癬のケアは、化粧水やクリームを使った、通常のボディスキンケアでは不十分なのです。

毛孔性苔癬の原因は、毛穴に角質が詰まっていること。つまり、角質を取り除かなければ、ブツブツのケアは意味がありません。

化粧水・クリームなどのスキンケアの他に角質を取り除くケアが必要になってくるのですが、そこで登場するのがピーリングです。

しかし、市販のピーリングジェルや石鹸も、肌が弱い人にとっては刺激が強いものですし、美容クリニックやエステで行うピーリングは値段のことを考えると中々手が出せるものではありません。

 

重曹がピーリング代わりになる?!

二の腕のブツブツ対策にピーリング

そんな方の間で今話題になっているのが、ピーリングの代わりに重曹を使った重曹パックです。

重曹を水で溶いたり、はちみつを混ぜたりして、肌に塗布するお手軽パックなのですが、重曹がなぜピーリングの代わりになるのでしょうか?

 

重曹がピーリング代わりになる仕組み

皮膚は弱酸性です。

そして、重曹は水に溶かすとアルカリ性になります。

肌の弱酸性と重曹のアルカリ性が中和することで、角質層にある細胞の繋がりが分解されます。

そうすると、古く硬くなった角質が柔らかくなり、剥がれやすくなるのです。

重曹は掃除のときにも、頑固な油汚れや水垢を落とすために使われますが、頑固な角質を剥がすのにも使えるということですね。

 

重曹ピーリングパックの注意点

注意点

重曹は市販のピーリングジェルや石鹸に比べると刺激も少なく、肌が弱い方でも比較的安心して使えます。

角質を剥がれやすくする作用があるので、毛孔性苔癬のケアにも有効ではないでしょうか。

手軽な重曹ピーリングパックですが、いくつか注意点があるのでご紹介します。

  • 週に1〜2回を目安に行う
  • 長い時間重曹ピーリングパックを肌に置かない
  • 掃除用の重曹ではなく、食用の重曹を使う

市販のピーリングジェル・石鹸でも同じことですが、ピーリングは毎日行うと、肌のバリア機能が低下し、逆に肌荒れを起こす恐れがあります。

そのため、重曹ピーリングパックも頻度としては週に1〜2回程度に抑えましょう。

また、肌に長い時間パックを置くと、肌を傷める恐れもありますので、時間にも気をつけてください。

そして、重曹ピーリングパックに使う重曹は、掃除用ではなく食用の重曹を選ぶようにしましょう。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。