エステサロン?美容クリニック?

多くの女性が悩まされている二の腕のブツブツ。

気になりますよね。

そのブツブツの正体は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる、皮膚の疾患かもしれません。

皮膚の疾患といっても、年齢を重ねるにつれ、自然と治るという人も多いのですが、いつ治るかわからないブツブツ、今どうにかしたい!と思いの方もいらっしゃることでしょう。

そんな方の間で、ピーリングによる治療が話題になっています。

ピーリングは、エステサロンや、美容クリニックで行われるものですが、あなたは毛孔性苔癬を改善するためのピーリングに、エステサロンと美容クリニックどちらを選びますか?

 

エステサロンと美容クリニックでおこなうピーリングの違いとは?

広告やチラシでも、エステサロンでピーリングができる!

といったキャッチコピーを見かけたことがある方も多いと思います。

かと思えば、美容クリニックの広告やチラシでも、ピーリング治療のものを見かけたり…

「どっちもピーリングって書いてあるんだから、どっちに言っても同じじゃないの?」と混乱しますよね。

ここでは、エステサロンで行うピーリングと、美容クリニックで行うピーリングの違いをご紹介します。

 

エステサロンのピーリング

エステサロン

エステサロンで行うピーリングは、美容目的で行うものです。

例えば、肌がくすんできたから透明感を出したい・季節の変わり目で肌がザラザラしているから、ツルツルにしたい…こう言った目的で行うものです。

治療ではなく美容目的なので、エステサロンのピーリングは薬剤の濃度もそこまで高くありません。

濃度が5%までの薬液しか使えないことになっています。

 

美容クリニックのピーリング

美容クリニック

美容クリニックで行うピーリングは、治療目的で行うものが主になります。

ひどいニキビをどうにかしたい・シミを薄くしたい…こう言った目的で行われます。

エステサロンとの違いは、使う薬液の濃度です。エステサロンで使われるピーリング薬液は濃度が5%までのものですが、美容クリニックで使うことができるピーリング薬液の濃度は50%まで!濃度でいうと10倍も違いがあるんです。

薬液の濃度が高いため、美容クリニックで使われるピーリング薬液は、医師しか使用することができませんし、通常のピーリングとの違いを明確にするため、ケミカルピーリングという名前がつけられています。

 

毛孔性苔癬の場合は治療目的になる

毛孔性苔癬の場合は治療目的になる

二の腕のブツブツ、毛孔性苔癬は皮膚疾患のため、美容目的か治療目的か?

と考えると、治療目的になります。

そのため、ピーリングをしたい!と思った場合は、美容クリニックでのケミカルピーリングを行なったほうが効果は高いでしょう。

ピーリングは、肌の表面の皮膚を薬剤によって溶かし、肌のターンオーバーを促進させるものなので、そのぶん肌にかかる刺激も大きくなります。

肌が弱い方は、ピーリング後に赤みやほてり、乾燥などの肌トラブルを起こす恐れもあるため、医師による診察を行うことができる美容クリニックの方が安心感もあります。

ただし、美容クリニックで行うケミカルピーリングは、費用の面を考えると簡単に行えるものではありません。

しっかりと下調べを行い、費用の面でも、技術面でも信頼のできるクリニックを見つけることが大切です。

 

.

二の腕専用クリームPR

二の腕専用クリーム(トップ記事)

二の腕の悩みに対し、安全面、効果面、コスト面、総合的な判断から専用のクリームを使用する方法を推奨しています。今では二の腕専用クリームは多くあり選定が悩みの種ですが、そんな中、等サイトが女性誌や美容雑誌、口コミサイトの情報を調査し最も効果が期待できる二の腕専用クリームを厳選しました。厳選した3商品紹介中です。